FC2ブログ
男なのに最近男とやり始めちゃったやつ・F
今まで考えもしなかった男同士のセックスにはまっていく俺の話。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
Q.フェラ①
のりのりのジム男。
俺の顔の前に突き出されたジム男の勃起ちんこ。
それをしごきながら固まってる俺。

早く咥えてみって。

どうすんの?
どうすんの、俺?

で、俺の出したカードは、やっぱ④。

今更流れに逆らえないし。
やんなかったらジム男に悪いし。
言えば人間関係っすか。

別にどうってことないっしょ、舐めたって、って思い込む。
しごいてる手を止めて、皮を引っ張って亀頭を丸出しにして、
ちんこのさきっちょを舌の先で2-3回舐めてみる。

なんの味もしない。

目を閉じて、
口を開け、
息を止めて
亀頭を口に含んでみる。
含んだまま3秒間。
そして口を離す。
止めていた息を吐き出す。
目を開いて、ちんこをしごく。

よし、咥えた、次。

また手を止めて、亀頭を丸出し。
目を閉じて、口を開け、息を止めて
亀頭を口に含む。
今度は入ってきた亀頭を舌で舐める。
舐めたあと、唇で挟みながら、亀頭を口から出し入れしてみる。
息を止めてるときは動きが早い。
何回か出し入れして、
口の中でもう一度亀頭を舌で舐めて、
口を離す。
ここまで一気に行く。
その間7-8秒間。
止めていた息を吐き出す。
目を開いて、ちんこをしごく。

もう、いいよ。

ふっと見上げると、ジム男が腰に手をあてながら、俺を見て笑っていた。

もっと奥まで行ってみ。

奥までって、
そうだよな、さおだよな。

口を開けて、亀頭を含み、そのまま首を前にゆっくり押し出していく。
口の中にジム男のちんこが入ってくる。

ぅわっ。
頭の中で声がする。
目を固くつぶる。

だいぶ入ったと思うところで止め、
そのまま引き返す。
亀頭が元の場所に戻ってくる。
また前に進み、戻ってくる。
前に行って、戻る。

顎が痛くなってきた。
息も苦しい。
何往復かして、俺は口を離す。
溜まったツバを思わず飲み込む。
止めていた息を一気に吐きだす。

ゲッ、今、飲んだ、俺?。
下を向いて息を整えながら、ちょっと後悔。

ジム男が俺の手をちんこから外し、しゃがんで俺を見る。

口に力が入ってるんだよ。

え?

練習すっか。

ジム男は床の上に足を投げ出して座る。
手を引っ張られ、俺も同じようにしてジム男の正面に座り、ジム男の足の上に自分の足を重ねた。

フェラ①A1


フェラ①A2

じゃ、筋輔、キスしよう。

ジム男は俺の頭に片手をかけ、引き寄せながら俺にキスをする。
俺は目を閉じてそれに応える。
エロいジム男のキス。
思わず声が漏れる。
何回も俺の口を口で噛み、俺を求める。
俺は舌をジム男の口に入れ、ジム男の舌に絡める。
俺のちんこはまた勃起した。
俺も手をジム男の頭の後ろに添えて、前に押し付ける。
エロい気分になってくる。

と、突然ジム男が口を離して言う。

舌出してみ。

そう言われても、俺はキスの続きがしたい。
トロンとした目つきで、ジム男に構わず唇を近づける。

もっとキスしようぜ。

ジム男は顔をよけ、笑いながら、

わかったから、舌だせよ。

そう言って俺の両手を掴み腿の上に置く。
しかたなく言われたとおり舌を出す俺。

エーッ。
ちょっとやけ気味に声を出しながら舌を出す。

下にじゃなくて前に。

アッカンベーじゃだめらしい。
舌を前に平行に出すのは意外と難しい。
舌が下がらないように気をつけながら前に平行に出す。

ジム男はその舌を指で軽く摘んだ後、
唇で俺の舌の先を包んだ。
そしてそのまま、ゆっくっりと俺の舌を口に含んでいく。
俺は目を閉じ、その感覚に集中する。
俺の舌をやさしく包みながら、まえうしろに移動するジム男の唇。
唇を閉めたり開いたり、舌を使ってやさしく、でもちゃんと刺激する。
その感覚に、俺は思わずボーっとする。
気持ちいい。
しばらく続けられると、俺はもうたまんない。
ジム男とキスがしたい。
もう、ガバっといきたい。

ジム男の口が何往復かした時、
俺は耐えられなくなり、両腕でジム男を抱きしめ
そのままキスに入った。
座っている腰を前に移動させジム男に近づく。
ジム男の足の膝で重ねている足を腿の付け根で重なるようにして、もっとジム男に近づく。
ちんこ同士が触れるくらい、ジム男に近づく。
肩を抱いていた腕を背中にまわす。
鼻から吐息をもらしながら、
俺は激しくキスを求める。

このキス、たまんねえ。

このままキスだけでいけそうな気がした。

ジム男は俺のその欲情に応えながら、
でも途中で笑い出した。
笑われた俺は、でもキスを続け、キスで笑いを止めようとする。
でもジム男は、

ちょっちょっちょっ。

なんだよ?
ちょっと不服な俺。

お前、キスはうまいな。

だったら続けようぜって言いたい俺にジム男が、

同じこと俺にしてみ。
フェラの練習だ。
やさしくな。

そう言って舌を平行に前に出す。

舌でフェラの練習?
何言っちゃってんの、こいつ。
俺はキスがしたいんだ。

一応俺はジム男の舌を唇で包み、そのまま何回か前後に移動させる。
ジム男をその気にさせようと、やさしくエロく、ジム男の舌を刺激する俺。
そしてそのまま、キスに入ろうとする。
ジム男はそんな俺を止めて、

今の感じで、俺のちんこ舐めてみ。

そう言って下を見るジム男。
そこには勃起したグロいジム男のちんこ。

ああ、そういうこと。
キスと同じように、フェラね。
唇と舌使えってか。

俺はしかたなく体勢を変え、ジム男の両足の間で四つん這いになる。
目の前のジム男のちんこを手で少ししごく。

相変らずグロいジム男のちんこ。
さっきよりもでかくなってる気がする。

1回亀頭にキスをして、またしごく。
そして目をつぶり、亀頭を口に入れてみる。
とりあえず口の中で舌を動かし、その後さおを降りていく。
下まで行ったら、そこで顔を止めて、舌を動かし、
そのまま上に上がってくる。
舌を動かしたぶん息が苦しくなり、
俺はちんこを咥えたまま息をはく。
そしてまた奥にいき、舌を動かし、そのまま戻ってくる。
息を吐く。

ジム男が俺の頭を両手で待ち、ちんこから離す。
そしてそのまま、顔のところに引っ張っていき、
俺の目を見つめ、

キスだ。

え?

ジム男が四つん這いのままの俺の顔を引きよせる。
唇と唇が合わさる。

俺はこっちのほが断然いい。

ジム男の口はとろける。
ふにゃふにゃじゃないしっかりとしたやわらかさ。
舌を入れ、ジムの舌と絡ませ、ジム男の口を吸う。
腰のあたりがしびれてくる。
ちんこがズキンズキンしている。
四つん這いのまま、俺は夢中でジム男の口にむしゃぶりつく。
と、ジム男はまた、

そのまま、今度は俺のちんことキスしてみ。

俺の頭をちんこ戻し、俺にちんこを咥えさせる。
やられるがまま、ジム男のちんこを咥える俺。

咥えている俺にジム男が言う。

俺とキスしてる時みたいに。
口の力抜いて。

何が違うんだ。
ちょっとイラつく俺。
今までよりも少し激しく舌や口を動かしてみる。

いていてぇ。

俺の頭を両手で持ち上げるジム男。

歯たてちゃダメだ。
唇と舌だけ。

ふーっ。

下を向いてため息をついたジム男は、

じゃ、これでやってみ。

俺の顔の前に中指と人差し指を重ねて差し出す。

指をちんこにみたててフェラの練習。
なんか間抜けな感じ。
やる気が失せる。

フェラできなきゃ、だめかな。
もっとエロいことしようぜ。

って、ジム男には言えないし

しょうがない、やるか。

俺はその指を咥え、ジム男にフェラして見せる。
咥えながら舌で指を舐める。
舌で根元から先まで舐め上げる。

ちゃんとやってるぜ、俺。

ジム男の指導が続く。
唇の力抜いて。
ってか顎の力抜けよ。
もっとやさしくゆっくり。
舌使って。
うまいもん舐めてる感じ。

ジム男に言われながら指ちんこ舐めてるうちに、
俺は、俺のちんこ咥えた女の子達を思い出した。
みんな口を性感帯にして俺のちんこをしゃぶってた。
口に全身の神経が集中しているようなしゃぶり方。
相手がメロメロなほど、俺は感じた。

そういうことだよな。

俺は、どうやればいいか分ったような気がした。

フェラで相手を感じさせるには、
力抜いて、ちんこを受け入れないとダメ。
ちんこを求めないとダメ。
気持ちが入らないとダメ。
気持ちをぶっちゃけることができないと、うまいフェラはできない。

その時の俺にはできなかった。

男のちんこだぜ。
咥えてしゃぶれって。

気持ちのどこかで抵抗感があった。

付き合いでやってるようなもんだし。
俺がやりたいわけじゃないし。

これじゃダメっすよね。

ジム男は俺の指でフェラして見せてくれた。
ジム男のフェラ顔がいやらしい。
ちんこの形したバイブ持ってきて、やって見せてもくれた。
AVの女優みたいで、結構笑えた。
俺のちんこにも、実際にフェラしてみせた。

こんな感じで。

でも俺は、ジム男の頭が邪魔でよく見えないし、
単純にフェラが気持ちいいから、
そのまま声上げて感じてた。
ジム男は声上げてのけぞってる俺に、

お前なぁ。

正面から抱き合ってキスして、
四つん這いになってフェラして、キスして、
指にフェラして、バイブにフェラして、
そしてまた四つん這いでフェラして。

何回やってもOKが出ない。

当然といえば当然の話。
どうすればいいのか分っているのに俺がやらないんだから。
ジム男とキスする時のように、
気持ちをぶっちゃけて、ちんこをしゃぶってない。
気持ちにガードを張っている。

特訓だな。

ジム男が言う。

こっちきて。

ジム男は俺を窓のある壁際に、背中を壁に付けて座らせ足を広げさせる。

手でこれ掴んで。

その窓には転落防止用のバーがあった。
両手を伸ばすとギリギリ、バーが握れる。
胸が張り、腰が伸びる。
顔のすぐ横に、脇の下が見える。

しっかり握ってろ。

そう言われてバーを握り直す俺。

ジム男は俺の両足の間に座り、
俺を見つめ、頬に手をあてる。

見つめられる俺は、ちょっと恥ずかしい。
なんかすっげ格好だし。
ちんこは勃起したままだし。

頬にあてた手の指を2本、俺の口に入れるジム男。
俺はジム男を見ながらその指を咥えフェラする。

ジム男が片方の手で俺の乳首をいじる。

うっ。

それだけで感じ始める俺。
目を固くつぶり快感に耐えながら指をしゃぶる。

そうそう、いいぜ。
お前、すっげエロい。
いいよ、もっといやらしくなれよ。

ジム男の言葉を指をしゃぶりながら聞き、エロくなる俺。
乳首いじられながら、いやらしくなる。

何が始まるんだ。
そう考えながら、エロさといやららしさに期待する俺。
ちんこが上下に動き、我慢汁が出るのが分った。

FC2 Blog Ranking
↑参加中!

PS.この前アップしたいやらしい画像(No.049)を見て、ジム男が似たような画像を送ってきてくれました。その画像もアップしますね。全裸で踊れるクラブ。フロアーでフェラできるクラブ。日本にもイベントがあるんすよね。行ったことのある人、こんな感じっすか?

フェラ①B1


フェラ①B2


フェラ①C4


フェラ①C2


フェラ①C1


フェラ①C3


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ TB*0 | CO*14 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 日本人は働き者だぁ
ラム | URL | 2007/03/03(土) 09:54 [EDIT]
あっ生きてた(笑)よかった。
出世おめでとうございます。(って言っていいのかな?)
でもその分、忙しくなるのかな。
私が日本で働いてた時の上司も
「役職ついても責任ばかりが増えるだけだ」とぼやいてたな・・・
皆がやりたがらない仕事が回ってきただけと分かってる人の方が
役職ついたと踏ん反り返る人より、その下で働く者にとっては
幸せだと思いますよ。
体に無理がこないように体調管理には気をつけて
頑張って下さいね。
● 安心したぜ。多分、みんなそう思ってるだろう
パローレ | URL | 2007/03/02(金) 23:11 [EDIT]
良かった。単に仕事忙しかっただけか。
みんな、「は!このブログももう畳むのか・・・」
って心配してたと思うぞ。
(ごめんね、プレッシャーでしか、ないと思うんだけど)
俺も曲がりなりにもHPを持ってる人間としては、
更新の大変さ、よく分かってるつもりなり。

そっか、決算期か。
しかも、なんだと、出世だと?
次長か、まさか課長じゃねえだろうな。
課長だったら、貴様とは縁を切る(笑)

>社内の噂です。
それは何、自分の噂?
それとも、また他人の不幸、しょいこんでる?
きっと、リョウくんが言ってた、
社内の女子から総スカン説、進行してると見た(笑)
俺の好きな映画で、森田芳光監督、斎藤由貴、唐沢寿明主演の
「おいしい結婚」の一説。
三田佳子(母親)と斎藤由貴(娘)の会話。
「(唐沢をさして)あの人、なんか気に障るのよね、敵も多いらしいし」
「でも、その人、仕事できるんでしょ?」
「う、うん・・・」
「仕事の出来る人はトウの立つものなのよ」
筋輔さん、君はそういう人だ。
(勝手に筋輔さんが、社内女子から煙たがられてる前提でいる俺)

>に続く第二段、よろしく。
やだ。
俺、プレッシャーに弱いもん。
そんな期待がなくなった頃に、おもしろいこと言ってやる。
俺のセンスをなめんじゃねえよ。

久々に、筋輔くんの声が聞けて、嬉しい俺であった。
睡眠時間、短そうだけど、とにかく乗り切ってくれ。
愚痴るときは、話聞きます。

パローレさん、どもども、元気です。 | URL | 2007/03/02(金) 08:28 [EDIT]
元気ですけど、眠いっす!
朝、6時半に起きて、洗濯して、会社に行って、仕事して、昼飯食って、仕事して、夕飯食って、仕事して、23時に会社出て、駅の近くの店でアイスカフェオレ飲んで、家について、風呂入って、寝て、朝6時半におきて。

あ、ちなみに今日は少し遅めの出社。
でも、6時半に起きちゃいました。

どうっすか、俺?
まずいっすか?
決算です。
人事異動です。
新年度です。
社内の噂です。
私事ながら、ちっと出世。
でも、形だけ。
その実は、皆がやりたがらない仕事が俺に回ってきたってこと。
若手だ、有望だとおだてられたものの、
結局そういうこと。
ま、一応、木に登りましたけど。

あーブログ、やりてー!

で、久しぶりにあけたら、パローレさんが一番上。
パローレさん、名前だけで俺を癒すあんたは凄い!

Don't kiss me, baby 俺にキスすんじゃねえ、赤ん坊め。

に続く第二段、よろしく。

管理画面空けたら、内緒のコメントがざっくざく!
内緒の皆さん!スイマセン。
ちっと待ってて下さい。

てか、俺のブログ、このペースです。
申し訳ないっす!

筋輔
● まだ見てるんだな、これが
パローレ | URL | 2007/02/28(水) 23:36 [EDIT]
なんか荒らされだしたぞ。
筋輔さん、元気?
● おいおい!
おいおい! | URL | 2006/11/17(金) 00:12 [EDIT]
17?
お前、句読点、わかってねーだろ。
読むのに、すっげー苦労した。

男、好きなのか。
で、そういう経験もしたのか。
ちんこでかくて、上の写真の男みたいな、筋肉質のかっこいいやつなん。

いいじゃん。

だったら、掲示板みたいなことしてないで、
もっと男磨け。
どうしても我慢できないなら、ここにどんなことしたいか書いてみ。
ちんこ固くなるぜ。
で、いい感じで興奮して、後はオナニーして寝ろ。

今度やったら、黙って削除すっから。

もっとちゃんとしな。
こんなんじゃ、もてねーぞぉ!

筋輔

| URL | 2006/11/16(木) 23:59 [EDIT]
おれはっきりいってちんこでかいエッチもしたよ
体は筋肉うえの写真と同じだぞ
オレの電話番号←スキだったら電話ヨロシクついでに
メールアドレス教えてな オレは***-**** ついでに17歳     俺は出来れば相手は15歳から19までだな 電話かけろよ
じゃ 明日もう1度くるから
サラバ

| URL | 2006/11/16(木) 13:55 [EDIT]
ジム男はついに結婚までしたよ
ジム男は<


| URL | 2006/11/16(木) 13:50 [EDIT]
うい




筋輔 | URL | 2006/11/11(土) 18:17 [EDIT]
そう、俺ばか。

びっつ | URL | 2006/11/11(土) 15:43 [EDIT]
あんたばか
● もう全然平気です!
直さん、ご心配ども! | URL | 2006/08/23(水) 22:47 [EDIT]
ご心配どうも!でももう全然平気ですよ。元に戻りました。エロい話また頑張って書かなきゃ。週末までにはアップしますんで、また来て下さいね!

筋輔
● 続きをまってますから
| URL | 2006/08/21(月) 22:17 [EDIT]
①だけなのでコメントを控えて、②を待ってるよ。

元カノとのこと、辛かったよなぁ。行く前から落ち着かないよなぁ。

でも落ち着いたら、元気出してがんばろう。

エロい続きが書かれるのを待ってるから。
● はは!いやいや、違いますよ。
yoshioさん、真性包茎って! | URL | 2006/08/20(日) 20:35 [EDIT]
Yoshioさん、コメントありがとうございます。

ジム男は包茎じゃないです。
文章の「皮引っ張って亀頭丸出し」の部分ですかね。
ちんこしごく時って、皮でしごくじゃないですか。皮を一緒にずらして前後にしごく。
で、この文章では、皮を一緒に前に持ってって、亀頭しごいて、その後うしろに引っ張ってる、っていう状態のことを言いたかったんです。

伝わりますかね?
わかりづらくてすいません。
● ジム男は
Yoshio | URL | 2006/08/19(土) 00:53 [EDIT]
真性の包茎ですか??

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 男なのに最近男とやり始めちゃったやつ・F. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。