FC2ブログ
男なのに最近男とやり始めちゃったやつ・F
今まで考えもしなかった男同士のセックスにはまっていく俺の話。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
AI.勝手に言うな!
いつものようにエロエロになりながら向ったジム男のマンション。
有頂天の俺は、ジム男とのセックスのことばかり頭にあった。
ジム男に会う前から俺のちんこは完全勃起。
汗でベトベトの身体が何故かいやらしさを倍増させる。
トランクスのゴムから頭出してるちんこ。
むき出しになった亀頭が、下腹にベットリとくっついてる。
時々はなれたりすると気持ちよかったり。

蒸し暑さに、首のネクタイを緩めながら開けたジム男の部屋のドア。
早くシャワーが浴びたかった。

いつもの玄関だったけど、
それに続く廊下には知らない男がいた。

そんなに驚かなかった。
てか、驚く間もなく、俺はその状況にすぐに適応した。
暑さにだれてた俺が、瞬時にさわやかな好青年に変わる。
よそ行きの言葉で、さわやかに、

あ、すいません。
あれ?ジム男さん、は?

筋輔君?

あ、はい。

日頃の営業訓練の成果か。
ニッコニコ笑顔の俺。
俺は、平静を装うのが、得意だ。

坊主のあごひげ。
両手をジャージのポケットに突っ込んだまま、
俺の身体全身に素早く目を這わす男。

上がれよ、ジム男、中にいるから。

あ、はい、すいません。

いつもはかかとを合わせてササっと脱ぐ靴。
この時はとっさに靴紐に手を伸ばす。
靴紐をほどきながら、頭の中で考える。
世界最高速のプロセッサがどうのこうのって、仕事で聞いた覚えがある。
でも、人間の頭はその何十倍の速さが普通に可能。

今日行くって、俺、連絡したよな。
友達が偶然来たか。
げっ、じゃあ今日やれねーじゃん。
んだよ、帰るか。
てか、俺はどういうスタンス取ればいいんだ?
てか、あの人、誰?
ゲイの人?それとも違う人?
ジム男、一応こういうやつが今日来るとか言ってんだろうな。
俺の名前知ってたし。
てか、俺のこと、なんて言ってんだ。
やべ、あわせなきゃダメじゃん。
二人きりで話せるタイミング、あるかな。
いいや、あまり話さないでいよう。
ジム男も同じことを考えているに違いない。わざわざあの人を迎えに出したのも、変な疑いを避けるため。そうか、そうだよな。あいつも困ってるんだ。あいつはきっとサインを送ってくる。それまで、ジム男の誘導に任せよう。
とりあえず、俺はジム男のたんなる後輩。
ジム男がゲイとか知らないし、
もちろん俺とやってるとか、無し!

だんだん状況を理解しだす。
俺とジム男のことがバレないようにしないといけない。
この間、およそ5-6秒。
立ち上がって振り返ると、
男はまだ俺を見ていた。
なんか、ねちっこい目つき。
黙って俺を見ている。
視線が身体にまとわりつくようで気持ち悪い。
もう何かを疑っているのか。
俺がゲイに見えるのか。
変な間に、なんとなく気まずくなる。

えっと、いいっすか、中。

笑顔で普通に、戸惑ったふりで聞く俺。

ニヤっと笑い、無言で振り返り、歩き出す男。

(んだよ、感じわりぃ。)

男の後ろをついていく俺。
リビングに入ると、いつもの風景とその明るさに少しほっとする。
ジム男は料理をしていた。
俺に気付くと冷蔵庫を閉めて、近づいてきた。

FC2 Blog Ranking
↑参加中!

ったく②


ったく⑤

ジム男の目を必死に読もうとする俺。
でも、読めない。

よっ、筋輔。
びっくりした?

え?

こいつがいて、びっくりしたかってこと。

いや、あ、うん。

ジム男と男を交互に見ながら答える俺。

男がソファーに移動しながら口を挟む。

さすが、ノンケっぽいな。てかノンケか。
筋輔君は、ジム男が初めてなんだろ?、男は。

はい?

(何言ってんだ?、この人。)

答えられない俺。

だよな。

俺の代わりにジム男が答える。

何も言えず、固まってる俺。
猛烈な恥ずかしさがこみ上げてくる。
自分が男とセックスしていることを、他人に知られた。
身体が熱くなって、顔から火がでるような感じ。
赤くなってるに違いない。それがまた恥ずかしい。
まともに男を見れなくなる。

なんだ、違うのか?

ジム男がバカな突っ込みをしてくる。
ったく、こいつは場を読めない。
しかたなく俺が答える。

そうだけど。

勝手に話しを進めているジム男に、営業筋輔は影を潜める。
俺のことまで、そんなどんどんぶっちゃけるな!
ジム男への抗議の沈黙。
でも、ジム男はそれにも気が付かない。

はは、筋輔、紹介するよ。
こいつは、時任。
俺の、ま、セフレだ。

なんだ、俺はお前のセフレなんだ?

笑いながら時任が答える。

(セフレだあ!?)

今日はそういうことにしといてよ。

笑いながらジム男が答える。

(なに二人で勝手に盛り上がってんだよ!ちっと待てよ!)

でも、どんどん続く。

初めまして、だな。
筋輔君のことは、ジム男から聞いてるよ。
いい男だから、1回見てみろって言われてた。
今日はすまんね。俺が突然来たんだ。
筋輔君が来るとは知らなかった。
二人きりだと思ってたんだろ?
でも、いいか?
今日は俺も、入れてくれ。

そう言って、ジム男をニヤっと見る。

俺は混乱していた。
何がほんとで何がジョークなのか、俺にはわからない。
だいたい、そんなに堂々と普通にゲイの発言すんな!

ただ、笑顔で立ってるだけの俺にジム男が、

筋輔は?

え?

自己紹介。

あ、筋輔です。
すいません。お邪魔して。

なんだよ、お前、緊張してる?
いつもと違うじゃん!

笑う、ジム男と時任。

もう帰ろうと思った。
こういう状況は、ちっと耐えられない。

お前、シャワー浴びてこいよ。
夕飯、作ったからさ。

え?、あ、うん。

また、俺は考えた。
ジム男は俺にシャワーを勧めて、風呂場に案内するふりして二人きりで話しをする気なんだ。
きっとやんごとなき事情があるに違いない。
そう思った。
だから、帰ると言い出すのを止めて、言われるままにシャワーを浴びることにした。
汗かいてたし、どうせならさっぱりしてから帰ろうと。

じゃ、すいません。

ジャケットを脱いで風呂場に向おうとする俺。
ジム男をちらっと見る。

(わかってるぜ、ジム男。風呂場に行こうぜ。)

目でサインを送るつもりだった。
でも、ジム男はキッチンに戻り、料理の続きを始めている。
俺のほうを全然見ない。
時任はソファーに座って、TVを見始めてる。
二人ともまったく自然体。くつろいでやがる。
ドアのところで俺だけ置いてけぼり。

(ったく、なんなんだ、これ。)

俺はしかたなく、一人で風呂場に行った。
あとから追いかけてくるかもしれないジム男を少し待ったが、
全然その気配はない。

風呂場の脱衣所で考える。

あの人、ゲイの人か。
それにしても、ジム男の野郎、勝手に俺達のことを簡単に言うな!だよ、ったく。
てか、ジム男のセフレってなんだ。
そんなやつがいるなんて全然言わなかったじゃん。
ジム男、あの男とセックスしてんのか。
じゃ、俺は?
ジム男は俺じゃねーのかよ。

俺は、ジム男に一直線だった。
女との世界にありがちな浮気とか二股とか、
そういうの、まったく考えてなかった。
そんなこと、ジム男との関係ではあり得ないと思ってた。
俺とジム男は、そんな俗っぽいことにまみれるような、そんな軽い関係ではないと思ってた。
それが、セフレ!?
しかもそいつに俺に紹介!?
あいつらつるんで、何考えてんだ。
俺に何をしようとしてる。
知ってると思っていたジム男が、どんどん他人に思えてくる。
遊ばれた女の感覚って、こんなもんかと妙に納得したり。

で、俺は、帰るのをやめた。
売られたけんかみたいな感じ。
だったら買ってやろうじゃん、ってこと。
時任、いいぜ、今日いても。
でも、俺もいっから。
おもしれー、
お前らが何考えてんだか、見てやろうじゃん。
どうせ、くだらねぇことだろうけど。

服を脱ぐと、全身の汗が冷たくなっていた。


FC2ブログランキング


↑参加中!

ったく①


ったく④


ったく③

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

あみ | URL | 2007/05/20(日) 19:35 [EDIT]
ついに時任さんが!
お待ちしておりましたw
ちなみにこれ、いつ頃のお話なんだろうとふり返ってみましたら、昨年の6月19日の出来事でしたよ。(何故知ってる?笑)
一年近く前なのに筋輔さんの動揺ぶりが伝わってきます。

続き楽しみにしています。
● きたねロード第2章
パローレ | URL | 2007/05/20(日) 15:29 [EDIT]
お!時任さん登場。
なんだ最初は不穏な初対面だったんだね。

誰かがコメントした「筋輔さん、バイっていうより、女みたいよ」が
現実味を帯びてきたぞ(笑)
ノンケ出身の人はゲイ界に一途に入るもんなのかな。

どうせ、この後、すぐ乱交始まるんだろ。
あ、先を予想すんなって?

それにしてもみんなあんまりコメントしなくなったね。
様子伺ってんのかな。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 男なのに最近男とやり始めちゃったやつ・F. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。